房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

房総釣魚図鑑 No.49 ボラ

ボラというと、都会のどぶ川をゆうゆうと泳ぎ回る、臭い、汚い魚というイメージが強いのではないでしょうか。釣りをする人でも、タモが臭くなるといって嫌う人は多いですが、私は「大」好きです。浮きフカセをやっているときに、ボラが寄ってくるとワクワクします。サイズがあって引きも楽しめます。でも、コマセはついばんでも、刺しエサは見切られて、なかなか針掛かりしてくれません。外海で釣れるボラは美味しいです。刺身は、脂は少ないですが、味があって美味いです。漁業実習で獲れたスズキとボラを刺身にして出すと、ほとんどの学生がボラの方が美味しいと言います。ボラのへそといって、そろばん玉のような胃があり、焼くと砂肝そっくりな食感でなかなかイケます。あとは、カラスミ(卵巣)ですが・・・。残念ながら、卵巣の入っているボラは釣ったことありません。房総でも釣れるらしいのでは、いつかは!

f:id:rioeyattchi:20180125154006j:plain