房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

コーヒーはどこで買った?

5/16(月)に家計簿をつけた。267円足りない。やれやれ。最後に家計簿をつけたのが13日(金)だ。さて、金土日で267円何に使ったろう。わずか3日間だというのに、いくら考えても思い出せない。

いろいろ探すうちに、上着のポケットから木曜にローソンで握り飯を買った127円のレシートが出てきた。これは家計簿に入力していなかった。127円が解決したので残りは140円である。これは・・・、自販機で飲み物を買ったっぽい。この値段なら、スクリューキャップの缶コーヒーだろう。

いつ買った?金土日の行動を逐一思い出しても、自販機で飲み物を買ったというシーンはなかった。私は、コーヒーをどこで買ったのだろう。

ふと、思った。木曜日の握り飯の127円が入力漏れだったのに、なぜ、金曜に気づかなかったのだろう。これには、思い当たる節があった。金曜はスイカの残高を示すバウチャーが手元になかったので、ゼロになるように数字を作ったのだ。127円のレシートを見ると、木曜に握り飯を買った残高は5188円、そして月曜日に朝飯を買う前の残高が5188円である。ということは、金土日にスイカで買い物はしていない。

つまり、コーヒーを買ったのは木曜日以前だ。これで少しほっとした。金土日という直近の3日間の行動の中で、コーヒーを買ったのを思い出せないのは問題だ。4日以上前、木曜日以前に、自販機でコーヒーを、スイカで買った。それなら、それでいい。・・・でも、いつだ?

先週は、水木と夜釣りをした。長丁場なので、木曜日は127円で握り飯を買ったのだ。飲み物はどうだったか。この日は、カバンにペットボトルの水があったのだと思う。少なくとも、おにぎりを食べるのにコーヒーは買わない。では、水曜日は?

水曜日に釣りに行く前にルアーを買いに釣り具のポイントに寄った。そして、釣りに行く前の腹ごしらえのため、グローボの二木の菓子に入り、駄菓子を108円分買った。108円で4種の袋菓子(餅太郎、キャベツ太郎、ポップコーン、コーンポタージュ味のスナック)を買ってご満悦だった。

袋菓子を食べれば喉が渇く。飲み物は絶対に必要だ。ルアーを2個買い、菓子を4種買い、その陰に隠れ、記憶には残ってないが・・・。私はグローボの駐車場に無数に設置されている自販機で140円の缶コーヒーを買ったのだ。間違いない。それにしても108円の買い物の内容は覚えていて、140円の記憶がないのはあきれる。

コーヒーを買ったのは、水曜日の18:30頃、二木の菓子を出た直後である。バウチャーもなく、記憶もないのにそれが特定できた。これはこれで凄いと思い、記録した。

2022/5/11 千葉市海岸・またもクロダイ

昨日、シーバス釣りに行って来ました。千葉市の海岸には、すごい数の釣り人がおりました。魚、入ってきているようです。

今回は一投目でヒットさせました。私の釣り場は他の釣り人達から丸見えだったので、目のつかぬ場所まで移動して取り込もうとしましたが、余計なことをしたせいでバラシ。結構大きかったけど、仕方ない。すぐにその場所を離れました。競合他者から釣り場は守らないとね・・・。

次の場所でも、すぐにヒット!むちゃくちゃ引いてドラグがジージーなりましたが、すぐ大人しくなって、あっさりネットイン。なんだなんだ?上がった魚は、前回に続きまたもやクロダイ!40cm。前回は早朝だから釣れたのかと思ったが、関係なかったです。クロダイは先週食べたばかりなので、もったいないけどリリース!(^^;)

昨年、一昨年とクロダイは一度も掛からなかったのですが、連発です。つくづく海は分りません。

 

2022/5/6 千葉市海岸・ルアーでクロダイ

ゴールデンウィークで10連休なのですが、家族旅行やら、飲み会やら、爺婆の顔を見に行くやらで忙しく、このままだと釣りをせず終わることに気づきました。そこで、近場で早朝、無理くり釣りを挟むことにしました。

夜明け前の千葉市海岸で、シーバスを狙いです。3時に起きて、釣り場到着が3時半。風は弱く、温かい朝です。誰もいない岸壁から、静かにエリア10をキャスト。イメージとしては、開始数投で決まる、はず。

しかし・・・。エリア10で、沖合、ストラクチャ周辺、シャローと一通り探るも、ノーバイト。ワンダーに替えて、さらに遠くを探るも反応なし。もともと夜明けまで1時間の勝負なので、焦ってきます。ダメ元でバイブレーションで底を探るが、これもダメ。

東の空が白んできました。残された時間はわずか。最後はエリア10と心中です。思い切りロングキャストして、スローでリトリーブすると、待望のヒット!この時期に良く釣れる40cm台よりは大きそうな感じ。浮いてきた魚は、な、なんと・・・、クロダイ(38cm)!!クロダイ狙いの浮きフカセも、なかなか行けなかった今春ですが、まさかここで出会えるとは。まさに早起きは三文の徳です。

食べる分は確保したので、帰っても良かったのですが、時間もあるので続投。夜はどんどん明けてきました。一度、駆け上がりで、魚がルアーにバイト(誤爆)するシーンがありました。またクロダイっぽかったです。やはり、ルアーでクロダイを釣る鍵は“夜明け”でしょうか。

そしてまたヒット!クロダイかと思いきや、今度はシーバスでした。背中の黒い、居つき個体です。50cmですが、タモにはクロダイが収まっていたので、引き抜きました。考えて見れば今年初シーバスです。並んでパチリ。シーバスは食べきれないのでリリースしました。車で15分で行ける場所で、お金をかけずにこれだけの釣果。ありがたいことです。(T_T)

~*~*~*~*~*~*~*~*~

お刺身。この時期は卵に栄養を取られて脂は乗ってませんが、歯ごたえと旨味で美味しくいただきました。

本ブログではお馴染み、カルパッチョ。脂のなさをオリーブオイルで補います。カルパッチョソース=レモン汁大さじ2、オリーブオイル大さじ2、砂糖小さじ1/2、塩小さじ1/2→少し塩辛いが、そのくらいでok。塩味はソースの量で調節する

明日葉チャーハン

家族で勝浦に旅行に行って来ました。外房の海沿いの山中には、明日葉が自生してます。食べごろの新芽だったので、お土産に摘んできました。明日葉は油と相性が良いので、チャーハン(3人前)にしました。刻んでみると明日葉の量が思いのほか多かったので、ネギやほかの野菜を入れずに、明日葉一本で勝負しました。

  1. 明日葉150gを、葉と茎に分け、葉は1cmの粗みじん、茎は3~5㎜程度に刻む。
  2. 「ふえるワカメちゃん」を大さじ1杯、水にくぐらせた後、細かく刻む。これで化学調味料は不要です!
  3. 中華鍋で、油を大さじ2杯を強火で熱し、煙が出てきたところで溶き卵2個を投入。
  4. 卵に火が通る前に、1.5合のご飯を投入。卵がご飯に混ざるまで炒める。
  5. 明日葉、ワカメ、刻んだベーコン60g、塩小さじ2.5、コショウを投入して、香ばしさが出るまで炒める。

ほろ苦い、大人のチャーハンです。狙い通り、明日葉は油と相性が良く、チャーハンにピッタリです。火を通すと茎の部分も柔らかく、甘くなります。明日葉を半量にして、ネギ、ニンジンを入れると、マイルド(万人向け)になると思います。

仕事で伊豆諸島(神津島)に出張することがあり、宿の食事では毎回明日葉が出ました。最初は、苦み、えぐみに、「うっ」っと思いましたが、すぐ慣れました。その後、出張の度に明日葉をいただくのが楽しみになりました。特に、天ぷらが美味しいです。島の人に教わりましたが、ちょっと山に入ると、明日葉がそこらに普通に生えています。

房総では、外房には結構あるようです。勝浦にはそこかしこにありました。山から急に海になっている地形が良いようです。伊豆諸島では名物料理になってますが、房総ではあまり聞きません。もったいないと思いつつ、いつまでも知る人ぞ知るで良いのかな、とも思います。個人的には。

2022/3/31 勝浦メジナ釣り

久々に釣りに行って来ました。場所は勝浦です。釣果は26cmのメジナ1尾、ウミタナゴ2尾、コッパ&フグ多数です。

フグに針20本近く切られました。この場所は、5回来て、5回とも25cmアップが釣れ、30cmも出ました。簡単に入れて、足場も良いので、有難いポイントではあるのですが、今回、フグの多さに心が折れました。仕掛けが深いところにまったく入らないから、メジナが浮いてきた瞬間が勝負です。いつ浮いてくる分からないから、延々やるしかない。こういう釣りは疲れます。

昔、糸井重里さんが「釣りは面白い。でも釣りはちょっと辛い。だから釣りは『おもつらい』」と言ってました。今回は、ちょっと辛いの勝ちでした。

f:id:rioeyattchi:20220401173740j:plain春の海

f:id:rioeyattchi:20220401173916j:plainウミタナゴ

f:id:rioeyattchi:20220401173935j:plainコッパf:id:rioeyattchi:20220401174244j:plainお土産26cm

f:id:rioeyattchi:20220402200616j:plainカルパッチョにしました。
f:id:rioeyattchi:20220403165044j:plain刺身にしました。

2022/1/8 勝浦メジナ釣り

今年初釣りということで、勝浦にメジナ釣りに行って来ました。年末に30cmを釣ってますが、その場所はフグが多すぎるので、今回は別の場所です。家を出たのが遅かったので、釣り開始は正午になりました。風もなく、穏やか。f:id:rioeyattchi:20220109150913j:plainテトラ際にいいヨレ(流れがぶつかる場所)を見つけたので、そこを攻めると、タナゴとササノハベラが釣れました。今日のエサ取りはタナゴ。ハリスを切られないから、フグよりはマシ(-.-)。メジナは木っ端が1枚釣れただけで、活性は低いようです。f:id:rioeyattchi:20220109150933j:plainヨレは期待倒れでした。今回はマルキューの「超遠投グレ」という配合エサを使っていますので、沖へ遠投に切り替えました。風もないので、力いっぱい遠投して、30-40m先に仕掛けを入れました。沖に切り替え、数投すると浮きが矢のように消し込みました。手前に根が張り出して、潜られかけますが、何とかキャッチ。結構、引いたので、この時は30cmオーバーを疑ってませんでしたが、家で測ったら28cmでした。おかしい・・・。クーラーの中で縮んだ。(^_^;)f:id:rioeyattchi:20220109151002j:plain同じパターンでもう一尾釣れました。こちらは27cm。手前の根に潜られそうになったら、ズームロッドを伸ばせばいいということに気づきました。次は、初めてズーム機能を使ってやろう、と思っておりましたが・・・。f:id:rioeyattchi:20220109151016j:plain時合は一瞬で終わり、この後、ぱったり。夕まづめにもう一回来るだろうと楽観してましたが、一度も浮きが沈むことはありませんでした(;^ω^)。ちと、水温低かったかな。潮もいまいち動いてなかったし。よって、ズームの出番なし。パターン掴んだから爆釣と思ったのですが、釣りは難しいですね。

余談ですが、今回は一度もハリスを切られませんでした。最初に結んだ針で最後までやりました。前回は、フグの猛攻で10本以上切られたのですが、こういう日もあります。針はもちろん、再利用します。余談をもう一つ。コマセを遠投しまくったので、筋肉痛です。200回くらい力投しているわけだから、当然といえば当然か。

f:id:rioeyattchi:20220109155250j:plain

メジナ 釣りの仕舞に 針愛づる

~*~*~*~*~*~*~*

メジナは煮つけ、刺身、こぶ締めにしました。肝もぽん酢でいただきました。今回、特にこぶ締めが良かったです。皮を剥いた半身を12時間昆布に挟みました。刺身に切ってからも、昆布の上に置いて盛り付けたのが良かったようで、塩梅よく、昆布の旨味が身に移りました。身に脂の乗った冬のメジナは最高です。冬の間にもう一回、行きたい。(>_<)f:id:rioeyattchi:20220110193857j:plain



ボラのなめろう、フライ

勝浦で釣った55cmのボラを、2回に分けて食べました。基本的に、臭みの少ない淡泊な白身魚です。まず、刺身となめろう、次にフライにしました。刺身は、歯ごたえがあって上品ですが、身に脂はないです。やはり、味噌の力を借りたなめろうは正解でした。フライは、火の通りを考えて一口大にしました。食べやすく、子供にも好評でした。今回のように結構サイズがあると、フライはお勧めです。f:id:rioeyattchi:20211229175525j:plain<ボラのなめろう

・ボラの身150g
・ネギ5cmくらい
・ショウガ半欠け
・大葉2枚
・味噌大さじ1

 三枚におろした身を皮を剥き、さいの目に切り、包丁で叩く。みじん切りにしたネギ、大葉、しょうが、味噌を加えて、さらに叩く。f:id:rioeyattchi:20211229160559j:plain

f:id:rioeyattchi:20211229164346j:plain<ボラのフライ>

・ボラの身250g(55cmのボラの半身)
・小麦粉大さじ2
・卵1
・パン粉大さじ5
・塩コショウ

 ボラの半身を皮を付けたまま、一口大に切る。塩を振って10分置き、浮いた水をふき取る。塩コショウをして、小麦粉まぶし、卵をくぐらせ、パン粉を付け、180度の油で揚げる。沈んだ身が浮いてきて、揚げ油の音が高くなったら、揚がった頃合い。f:id:rioeyattchi:20211229160627j:plain

f:id:rioeyattchi:20211229161421j:plain