房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

房総釣魚図鑑 No. 33 スズキ

私の三大釣り物、メジナ、シーバス、シロギスのひとつ、シーバスことスズキです。大阪湾はチヌの海というらしいですが、東京湾はシーバスの海と言っていいんじゃないですかね。ボートからルアーで釣るシーバスは港湾のストラクチャー(構造物)を巡るのですが、日中なのに出るわ出るわ、呆れるほど釣れます。もっとも、私は陸っぱりから狙うのがメインなので、そんなに数は出ません(腕がないせいもありますが・・・)。秋口、ベイトフィッシュが岸近くにやってくると、シーバスも寄ってきます。海面にいる小魚に襲いかかり、水面から飛び出ることを「ボイル」と呼びます。ボラが跳ねるのと紛らわしいですが、ボラは「バシャッ」とい感じで、ボイルは「ガボッ」という感じです。ボイルがあったところにルアーをキャストすると、高確率でヒットするので、ボイルを見ると血が騒ぎます。シーバスハンティングという本がありますが、確かにハンティングっぽいです。

 

f:id:rioeyattchi:20171206172835j:plain