房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

竿買わねば・・・

磯竿、折ってしまって買わねばならなくなりました。海釣り公園は、人が多く、広そうで案外狭く、足元がグレーチングで見づらい。ひょいと竿を置いてしまうと危ないな、と思ってはいたのですが。暑さのせいで、注意力も散漫になってました。

道具はあまり凝らない方です。といのは、竿もリールも必ず壊れるので、高いの買うともったいないという考え方です。ただ、数回使うと壊れるような安物も困るので、一応名の通ったメーカーの中級品を使ってます。

例えばリールは、シマノアルテグラの2500番を4代続けて買ってます。なんとなく相性が良くてシマノ派です。さて、シマノの上物磯竿(外ガイドロッド)のラインナップを見てみると・・・。

ホリデー磯、アドバンス磯、ラディックス、ラフィーネ、ライアーム、マスターチューン磯、ベイシス、ツインパルサーsz、プロテック、極翔、ファイアブラッドグレ、BBXスペシャル、レマーレ、イソリミテッド・・・。

さすがにホリデー磯(入門用の竿)はやめとくとして、定価2万円~15万円(1.5号5.3m)かぁ。なかなか厳しいなぁ(+_+)。タックルベリーで中古品も見てみるか。