房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

2020/7/6 千葉某所・その2

昨日、前回と同じ場所に足を運びました。タンカーが出船していて、前回の爆釣ポイントだったシェードがない・・・。前回バイトのあったラインをトレースしてみましたが、ヒットなし。南南西の強風が吹き荒れ、キャスティングでは釣りづらい状況でした。そこで、テクトロ開始すると、100mほど歩いたところでヒット!前回の教訓から、ラインにテンション掛けて追い合わせをし、魚を驚かせないように早めにライトを点けてから、引き抜きました(つまり前回はフッキングが甘くてバラし、直前でライトを点けてバラしたわけです)。38cmのきれいなシーバスです。写真を撮ってから、持って帰るか、リリースすするか、しばし煩悶しましたが、結局、持ち帰ることに決定。釣りはこれにて終了。さばいてみると、胃の中には、シラス大の小魚が数尾確認できました。セイゴの群れが、小魚求めて港湾に入ってきているようです。(↓38cm, 20:20)

f:id:rioeyattchi:20200707124548j:plain