房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

ハマボウフウと明日葉

連休最終日、上総湊にボート釣りの下見に行って参りました。ついでに、ハマボウフウと明日葉を採ってきました。

ハマボウフウ>上総湊の浜は、ハマボウフウだらけ。いくらでもあります。一株掘り起こして、一本ずつに分けて持ち帰ります。赤い茎の部分はえぐいので、茎は短く、白い部分が多い方がいい。流水で砂を落とし、沸騰した湯で5分ほど茹でて、冷水にとる。一口大に切って、酢味噌(味噌2、酢1、砂糖1、みりん1、からし少々)に和える。

f:id:rioeyattchi:20200506204121j:plain

f:id:rioeyattchi:20200506172600j:plain<明日葉>明日葉の天ぷらが食べたくて、ずっと探していたのですがやっと見つけました。明日葉の天ぷらは、キスを釣ったときの、キス天のときに取っておきます( ^^) 。今回はお浸しに。沸騰した湯に茎を入れて1分茹で、それから葉を入れて30秒ほど茹でてから、冷水にとる。葉は一枚ずつまるめて集めて一人前の分量にしたのち、絞る。茎と合わせて器に盛り、鰹節を振り、めんつゆをかける。f:id:rioeyattchi:20200506204531j:plain<余談>明日葉は神津島に仕事で年数回通っていた時に、よく食べました。島の人に「そこらに生えてるよ」と言われ、よく見れば確かにいたるところに生えていました。本場?神津島で、この山菜を見分ける目を養ったのです。千葉では、なぜか千葉みなとのポートパークに生えてました。ハマボウフウも、明日葉も、次回、キスの天ぷらのお供にしようと思います。さて、キス、釣れるかな(^-^;