房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

房総釣魚図鑑 No. 40 トラギス

勝山のボート釣りで釣れました。トラギスはテテカミという異名があり、パクッと噛みつきます。痛くはないですが、あまりのいじらしさに切なさを覚えます。しかし、非情に徹してコウイカのところで書いたブイヤベースの出汁に使いました。ブイヤベースの主役は小魚なんです。本来は、捨ててしまうような雑魚を使う漁師料理です。本場マルセーユの「ブイヤベース憲章」では出汁の小魚は4種類以上使うこと、と定められています。もっとも、「地中海の岩礁に棲む魚を使う」とも書かれているので、日本の魚で作るのはブイヤベース風?のスープですかね

f:id:rioeyattchi:20171226120248j:plain