房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

房総釣魚図鑑 No. 22 クロウシノシタ(シタビラメ)

「ミーの好物はシタビラメのムニエルざ~んす」とおそ松くんのイヤミが言ったような気がするのですが、どうググってもそんなフレーズは出てこない。私は何と混同しているのでしょうか。さて、通称シタビラメの標準和名は「クロウシノシタ」といいますが、生まれてこの方、この単語を耳にしたことはありません。ウシノシタよりシタビラメの方がこの魚にあっているような気がしますが・・・。この魚、私は片貝以外で釣ったことはありません。私の脳にはシタビラメはムニエルと刷り込まれているので、ムニエル以外ありえません。ひれがカリカリと香ばしく、きめの細かい白身で、骨離れもよく、確かに美味しいです。

f:id:rioeyattchi:20171107122029j:plain

片貝で釣ったクロウシノシタ