房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

テトラから転落・骨折・手術

単純骨折ではないので、ギプスによる保存治療はやめて、手術して金具で固定することにしました。ギプスとおさらばできるなら、そっちの方がいいやと、医者に勧められるまま、一昨日、手術することに。しかし・・・。手術は舐めちゃいけなかった。左手に点滴(失敗して3回、針を刺された)、右肩口から「伝達麻酔」。これも結構、ビリビリきて、泣きそうでした。やがて、右手の感触がなくなり、切開、そのあと、カンカン(ハンマー?)、ウィーーーン(ハンドドリル?)、カンカン、ウィーーーンと音だけ聞こえる1時間半・・・。T字の平たい金具にボルト8本で患部を固定しました。手術が終わって右手の麻酔が切れるまで8時間、三角巾で吊られて、ぶら下がっているだけの右腕の感触が、死体の腕をぶら下げているようで、ものすごく怖かった。一晩経って、昼過ぎたころから、だんだん腕や指先のパワーが戻ってきて、三角巾をとっても平気に。それから、急速に腕が使えるようになりました。感動的です。これなら晩飯は右手でお箸を使えそう。いやー、ありがたい。二日の辛抱でギプスが取れるなら、やはり手術はありかなぁ。でも半年後に金具を抜く手術が待っていて、早くも気が重い。

f:id:rioeyattchi:20170922170640j:plain

痛々しい。再び竿を握れるだろうか。