房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

2018/8/22 市原海釣り公園

海釣り公園、また行ってきました。今日は暑かった・・・(*_*)

f:id:rioeyattchi:20180822181347j:plain

吹き流しパタパタ

平日だから空いてるかな、と思ったら、甘かったです。さすがは夏休み中。それにしても、皆さん、この暑いなか(34度!)良くやるなぁ。

さて、釣りの方は・・・。また支柱周辺で、クロダイ狙い。流れが前回と逆で、前回釣った場所は、どんどん仕掛けが支柱から離れていってしまうので、早々に見切りをつけ、流れが支柱に当たる場所に移動。

前回を上回るピーカン照り!汗がじりじりと流れます。水深5mからスタートして、どんどんタナを深くしていき、8~10mくらいで浮きに反応が。しかし、なかなか食ってきません。浮きがもやもやと潜り、これ、アタリなのかなぁ、と思っていたら、急に潜り、合わせるとガツンとした手応え。しかし、またもやラインブレーク。とほほ。

同じ攻め方で、こんどはヒット!あれ、バレたかな、いや、ついてるな、という程度の手応え。上がってきたのは25cmのカイヅでした。タモを使わず抜き上げました。

f:id:rioeyattchi:20180822182402j:plain

サイズはともかく、嬉しい一尾です。勇んで写真を撮ったのですが、足元で「ミシッ」という不吉な音が。恐る恐る足元をみると、あ゛~、竿ふんじゃったった・・・。

f:id:rioeyattchi:20180822182804j:plain

穂先なら良かったのですが、穂先の下の2番です。これ、直んないかも。釣りは、ここで強制終了。帰りに「釣り具のポイント」に寄って調べてもらいましたが、廃番商品でシマノにも部品の在庫はないとのこと。「お店の部品で適当に直せませんか」と訊くと、「穂先なら何とかなるんですが・・・」と予想通り。

「ちなみに、ですが・・・」と店員さん。仮にシマノに部品があったとしても、修理には1万円くらいかかるということ。どっちにしても修理という選択はなかったです。シマノのAernos Radix,1.5号, 5.3mという、そう高くない中級品の竿で、苦楽を共に共にしてきましたが、ここでお別れです。ありがとう(;_;)/~~~

f:id:rioeyattchi:20180822184730j:plain

帰ってからカイヅを肴に遅い昼食をとりました。塩焼き美味いっす。出汁が出るから鯛めしにしても旨いだろうなぁ。