房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

ブラックマグ205買いました。

前回(3/9)釣りに行ってから1カ月以上が経ちました。春先は仕事の関係であまり釣りに行けません(ブログのアップもすっかり・・・)。しかし、ただ座っていたわけではありません。いろいろと構想を練ってました。何かというと・・・。昨年秋に古いゴムボートを退役させて、新しいボートをまだ買ってなかったので、この間、いろいろ検討してました。実は大体の方針は秋には決まっていたのですが、ずるずると今日まで来てしまいました。しかし、昨日、ついにポチっとしました!

買ったのは、ジョイクラフトのブラックマグ205です!1馬力の船外機もセットです!

f:id:rioeyattchi:20180409123921j:plain

購入コンセプトは「トランサムが付いていている最小のボート」です。トランサムというのは、船外機を付ける板のことです。この定義だと、厳密には、ブラックマグ175が最小になりますが、重量が1kgしか違わないので、205にしました。

重量ですが、ブラックマグ205は19kgで一人で担げるサイズです。前のゴムボートはオカモトのFR700というボートで重量は21kgありました。4人乗りで長さが260cmあり、一人では担げませんでした。ブラックマグ205は2人乗りで203cmです。かなり小さいです。実は、ラポッシュ260というボートと最後まで悩んだのですが、最終的に軽さを優先しました。

船外機は2馬力にするか、1馬力にするか、これも悩んだのですが、1馬力を選択しました。1馬力エンジンのジェイモps1は、重量が5kgと軽く、2ストロークエンジンだから、横にしても大丈夫という触れ込みがあるので、こちらにしました。少々割高ではあるのですが・・・。ここは後々後悔するポイントかもしれません。

結局のところ、今まで手漕ぎでやってきたので、動力を使って何をするか、はっきりとしたビジョンがないのです。2馬力があれば、行動範囲は広がるでしょうが、沖でエンコしたら???と思うと選択できませんでした。手漕ぎで帰れる範囲で、となると1馬力でいいか、と考えた次第。

さて、買っちゃったからには、いろいろと使い倒すぞぉ。届くのが待ち遠しい。