房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

房総釣魚図鑑 No. 48 ホウボウ

元名海岸のボートで、キス釣りの外道で釣れたホウボウ。カサゴ目ホウボウ科の魚です。胸びれの軟条(とげ)が6本、脚のように発達していて海底を歩き回ります。胸鰭は蝶々の羽のように広がり、青い美しい模様があります。同じ場所に棲んでいるキスやコチの地味な外見と比べると、異彩を放ちます。頭ばかり大きくて、身は少ししかないですが、身自体はコチに似ていますね。煮るといい出汁が出ておいしいです。近所のスーパーで、特大サイズのホウボウが売られているのをたまに見ます。値段もそんなに高くないので、今度買ってみようと思います。

f:id:rioeyattchi:20180119165400j:plain