房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

房総釣魚図鑑 No.19 ギンガメアジ(メッキ)

ギンガメアジの子、メッキ。ギンガメアジだけでなく、他のヒラアジやシマアジの子もまとめてメッキと呼ばれています。メッキは金属のメッキからきており、そう考えると割と新しい呼称のようです。では、それ以前は何と呼ばれていたか。何の根拠もないですが、「ショゴ=潮子」は、カンパチだけじゃなくヒラアジ類も含んでいたんじゃないか?字だけ見ているとそんな気がします。ギンガメアジは汽水域にも入ってきます。サイズの割りに引きが強く楽しめますが、逆に「すわ大物」と思ってしまい、がっくりすることもあります。

f:id:rioeyattchi:20171027123709j:plain

小さな大物、メッキ