房総の魚たち・陸っぱり釣り師の備忘録

房総の陸っぱりを中心とした釣行と、釣魚料理の記録をアップして参ります。釣りのジャンルは、浮きフカセやルアー、陸から少し離れたボート釣りなどです。釣行記録は月に1-2度のアップになります。その間の埋め草として、これまで釣った房総の魚たちを紹介する「房総釣魚図鑑(五十音順)」や、エッセイなどをアップします。

asics pedala

通勤靴を買いました。asicsのpedalaという靴です。同じモデルを6年履き続けており、今回で三代目です(左が二代目)。価格は2万5千円くらいで、安くはないのですが、3年もちます。そして、結構走れます。会社帰り、一駅分ジョギングしたりしています。新橋にアシックスの専門店があって、前回(三年前)もそこで買いました。6年前に買ったモデルがまだ店内で販売しているというのも、すごいですね。店員は「このモデルは履き続けるお客さん、結構いますね」と言ってました。店員に「では、三年後」と言って去りました。

f:id:rioeyattchi:20190112113413j:plain

 

ナマコ酢

①青ナマコ680円(瀬戸内産)です。サイズによって1~3匹入ってますが、大きいの1匹のを買いました。以前は一宮の魚平まで買いに行ってましたが、地元のスーパーで買えることが分かったので、ここ数年は地元で買ってます。

f:id:rioeyattchi:20190101161154j:plain

②塩でもみ洗いします。茶色い泥色のぬめり(粘膜?)を、塩でもんで根気よく取ります。塩もみ→水洗いを7~10回くらいですかね。「きちんとぬめりを取る」、コツと言ったらこれくらいです。

f:id:rioeyattchi:20190101161337j:plain

③頭と尻尾を切って、内臓を出します。

f:id:rioeyattchi:20190101162232j:plain

④酢で洗う。ざっと洗ったら、酢を捨てて、そのまま冷蔵庫で保存。

f:id:rioeyattchi:20190101162433j:plain

⑤5ミリ幅に切って、酢をかけ、ゆずの皮の細切りを乗せて完成。

f:id:rioeyattchi:20190101162558j:plain

 

アジのカルパッチョと塩焼き

アジのカルパッチョ

アジ2尾を薄造りにして皿に並べ、ソースと刻んだシソをかけます。ソースは、レモン汁小さじ3、オリーブオイル小さじ4、塩小さじ1/5、砂糖小さじ1/5、コショウ少々です。身は三枚におろしてからキッチンペーパーにくるんで2-3時間置くと水分が抜けて歯ごたえが良くなります。

f:id:rioeyattchi:20181229102042j:plain

アジの塩焼き

塩振って焼きます(笑)。うちのグリルは尻尾がどうしても焦げちゃうので、水でぬらしたキッチンペーパーでくるんで保護して焼きました。最後の2分くらいで、キッチンペーパーを取ったのですが、それでも若干焦げました。

f:id:rioeyattchi:20181229102110j:plain

12/26 龍島港→部原釣行

仕事がひと段落して、三カ月半ぶりの釣りです。11週間連続で土日も働いていました(土日は副業ですが)。この間、忙しすぎて自分の趣味が釣りだったことも忘れていました。(*_*)

f:id:rioeyattchi:20181226235753j:plain

龍島港に行ってきましたが、木っ端メジナの嵐で釣りになりませんでした。夕まづめには間に合うと考え、思い切って部原に移動することにしました。内房から外房へ大ジャンプです。こういう移動はたいてい失敗するのですが・・・。

f:id:rioeyattchi:20181227000203j:plain

着いたらすでに夕方。こちらはフグだらけ・・・。最初から電気ウキです。せめて一度、浮きが沈むところ見てみたい。

f:id:rioeyattchi:20181227000250j:plain

日がとっぷり暮れたころ、浮きが美しい孤を描いてに消し込みました!心臓バクバクです。釣れあがったのは20cmのアジです。超うれしい。

f:id:rioeyattchi:20181227000356j:plain

なんとかお土産を確保しました。一番大きいので24cmでした。身が厚くて旨そうです。!(^^)!

f:id:rioeyattchi:20181227000603j:plain

 

サンマの刺身丼

簡単に作れて、美味いです。刺身が余ったら、しめにピッタリです。

f:id:rioeyattchi:20181103184841j:plain

サンマの刺身丼
<材料>
・サンマの刺身1尾分
・生の切りコンブ5cm長さ適量
・ぽん酢大さじ1
・おろし生姜こさじ1
・ゴマ適量

材料をボウルで合わせて、ご飯に乗せる。お好みでしそやミョウガを入れてもいいですね。

蘇我「松膳」その2

久しぶりに松膳に行きました。刺し盛りは、タコ、イナダ、トコブシイカ、タチウオ、アイナメ、シメサバ、中トロ、カツオの9品でした。これで1080円。いつもならが、凄い。

f:id:rioeyattchi:20181102175128j:plain

白子ポン酢。クリーミー。熱燗の季節がきた。

f:id:rioeyattchi:20181102175204j:plain

本日、最高だったのが宮城県産「焼きカキ」。旨い・・・!レアな焼き加減が絶妙。前に食べたホッキもそうでしたが、このお店は貝類の火の通し方がすばらしい。

f:id:rioeyattchi:20181102175236j:plain

この他、カニサラダを頼みました。お酒三合飲んで4,820円。量、質、値段とも言うことなし。難点は、いつも繁盛していて、なかなか入れないところか。美味しいから仕方ないですな~。

ままかりの押し寿司

岡山に出張で来ています。駅のうどん屋で、ままかりの押し寿司を頼みました。260円です。値段のわりにボリューミーでした。こっちで言うところのサッパですね。昔、船橋港で結構釣れたけど最近はどうなんだろう。

こうやって食べると、なかなかいけますね。まま(飯)を借りるほど箸が進むというのが名前の由来だそうです。地元の漁師さんによると瀬戸内海の魚は、同じ魚種でも全然味が違うそうです。

 

f:id:rioeyattchi:20181031230725j:plain